新幹線内焼身自殺事件と大韓航空事件の点と線

 
先日起きた新幹線内での自殺事件。
死亡したのは、男女1人ずつ。

事件があったのは、新幹線の先頭車両の、しかも運転席のすぐ後ろ。
高速運転中に運転席を巻き込んで爆破。
もし軌道を外れれば、あわや大参事になるところでした。

噂を小耳にはさみましたが。
この手口は、大韓航空機爆破事件と、確かに似ていますね。
北朝鮮工作員が関わったとされる事件です。

大韓航空機爆破事件

大韓航空機爆破事件(だいかんこうくうきばくはじけん)は、1987年11月29日に大韓航空の旅客機が偽造した日本人パスポートを使い日本人に成り済ました北朝鮮の工作員によって飛行中に爆破されたテロ事件である。

日本で大韓航空機事件と呼ぶ場合この事件の事を指す場合と、1983年9月1日の大韓航空機撃墜事件のことを指す場合に分かれるが、両事件は全く異なるものである(混同しているケースもみられるので注意が必要)。

事件概要

事件発生

858便はアブダビを協定世界時日曜日の午前0時01分に離陸、インドを横断し、ボンベイ(現:ムンバイ)から始まるアンダマン海上の航空路R468を飛行して、ビルマ(現:ミャンマー)の航空管制空域に、離陸から4時間半後の現地時間午前10時31分(協定世界時:午前4時31分)に到達した。インドとビルマの境界である"TOLIS"ポイントからラングーン(現:ヤンゴン)の航空管制官に対し「現在37000フィート(およそ10700m)を飛行中。次の"VRDIS"には午前11時01分、"TAVOR"(ビルマ本土上陸地点)には午前11時21分に到達の予定」と報告したのが858便の最後の通信となった。ここで858便は航空路ロメオ68を飛行しており、ほぼ定刻通りにバンコクに到着するはずであったが、ラングーンから南約220km海上上空の地点で午前11時22分に機内で爆弾が炸裂し、機体は空中分解した。

パイロットは緊急信号や地上の管制機関に緊急事態を宣言する間もなく、爆発の衝撃で即死したと見られる。乗客・乗員115人全員が行方不明(12月19日に全員死亡と認定)となった。

被疑者の拘束

事件直前、バグダッドで搭乗して経由地のアブダビ空港で降機した乗客は15人いたが、その中に不審な男女各1名がいた。この2名は日本の旅券を持っており、30日午後にバーレーンにガルフ航空機で移動し、同国のマナーマのホテルに宿泊していた。韓国当局もこの「日本国旅券」を持つ2人の男女が事件に関与したと疑っており、当地の韓国大使館代理大使が、その日の夜に接触した。

事件直前の1987年11月21日に、東京で偽造パスポートで警察に逮捕された日本赤軍の丸岡修は、翌年に迫ったソウルオリンピックの妨害工作をするために、ソウル行きを計画していたことが明らかになっており、中東を本拠地とする日本赤軍の事件への関与が疑われていた。そのため韓国当局は早い時点で2人をマークしていた。また日本国政府当局は「日本人による反韓テロ事件」を懸念していた。在バーレーン日本大使館が入国記録を調べたところ、航空券の英文の「姓」が抜けていた。これは、日本人であればまずあり得ないことだと思われた。女の旅券番号を日本国外務省に照会したところ、徳島市在住の実在する男性に交付されたパスポートと同一であることが判明、偽造であると確認した。

2名はバーレーンの空港でローマ行きの飛行機に乗り換えようとしていたため、日本大使館員がバーレーンの警察官とともに駆け付け、出国するのを押し留めた。日本大使館に身柄拘束権が無かったため、同国の入管管理局に通報し、警察官に引き渡した。空港内で事情聴取しようとした時、男は煙草を吸うふりをして、その場であらかじめ用意していたカプセル入り薬物で服毒自殺した。現場にいた日本人外交官であった砂川昌順による『極秘指令~金賢姫拘束の真相 』(NHK出版)によれば、女はマールボロに隠された青酸系毒薬のアンプルを、警察官からひったくって自殺を図ったが、バーレーンの警察官のハッサンが飛びかかり、直ちに吐き出させ、完全に噛み砕けなかったために、青酸ガスで気を失って倒れた。

男は死亡したが、同伴の女は一命を取りとめ、3日後に意識を取り戻した。自殺した男が所持していた、パスポートの名義の男性は東京都在住の実在する人物であったが、彼のパスポートは東京にあった。彼は「宮本 明(みやもと あきら)」を名乗る男に、全額費用もちでフィリピンのマニラとタイのバンコクに1983年秋に旅行したが、その翌年に「宮本」に、パスポートと実印を1か月ほど貸していたことが判明した。しかも「宮本」は警視庁が北朝鮮工作員を摘発した西新井事件に関係していた、北朝鮮側工作員の李京雨であることが判明し、事件への北朝鮮の関与が疑われるようになった。また、自殺した男が所持していた日本製の煙草の製造年月は4年も前の「(昭和)58年4月」となっており、既に3年前には全品売り切れであったうえに賞味期限も過ぎていたため、「宮本」が逮捕前に作った「小道具」の可能性が高い。

当初、偽造パスポートが日本人名義であり、日本国政府もバーレーン当局に捜査協力を求めていたが、パスポート偽造は日本国内法の「旅券法違反ないし偽造公文書行使」には該当するが、韓国側の大韓航空機爆破容疑という重大な大量殺人テロと比較して、身柄引き渡しを受ける強い法的根拠がないと判断したとされ、身柄引き渡し請求権を放棄した。この判断は、当時の内閣安全保障室長である佐々淳行によれば、韓国への引渡しは在バーレーンの日本大使館員の判断ではなく、佐々の意見具申に基づいた「総理大臣官邸判断」であるとのこと。なおモントリオール条約では、航空機上で発生した事件の裁判権は、旗国主義により航空機が登録されていた国にある。




・普通はまず持ち歩くことはない、運転免許証のコピー。
・30代の目撃証言が、何故か71歳の老人に変更。
・居合わせた某報道機関の存在とか、偶然にしては出来過ぎですね。

  
 
付け加えると、女性の服と行き先(伊勢神宮)も気になりますが。
まぁ、警察発表では男性とは面識がなく、あくまでも被害者ということなので、これ以上は触れません。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters