横浜のマンションの問題

 
パピン 倉敷

これは昔倉敷にあったパピンという喫茶店。
傾いているというか、ひっくり返っています。

バイパス沿いにあったのですが、付近で交通事故が多発するので、取り壊されたのだとか。
こんな変わった建物が建っていれば、運転手もついわき見をしてしまいますね。

さて今問題になっている横浜のマンション。
これも傾いているのだとか。
さらには、施工業者や下請けの手抜き工事も見つかったとか。

それでどんなに傾いているのかと記事を読んでみると、、、にっ、2cm、、、。
えっ??

しかも、たったこれだけのことで、建て替え??
これに伴って、関係する大手企業の株価も暴落していますね。

中国や韓国の建物なら分かりますが。
建築中や完成直後に壊れるものも見受けられます。

レベルが全然違うんですね。
この問題を大きくすればするほど、中韓の問題が霞んでゆきます。

何か意図的なものを感じるのは、私だけでしょうかね??
たったこれだけで建て替えということであれば、全国津々浦々、相当数の建物も建て替えに該当するかと。

まぁ、こんな手抜き工事が良いことだとは思いませんが。
日本の場合、それが原因で崩壊するような事態にまでは至りません。

完ぺきを求めすぎると、それは納期や経費に跳ね返り、結果として庶民の手には届かなくなるということになります。
今回の件も含めて、現代社会は、求める基準を上げ過ぎている気がします。

結果として、供給者側はその基準を守れず、消費者側は高嶺の花という事態に・・・。
自分で自分の首を絞めているんですね。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11151505736
2015/10/1613:16:19
横浜の傾きマンションのニュースについて

手すりが2cmずれてるとかニュースになってますが、
今回のマンションの傾きは、大惨事なのですか?

建築物が傾くのも程度の問題があると思いますが、
築年数にあわせて許容範囲とかあるのですか?

建築に詳しい方おしえてください。



2015/10/1614:44:53

建築士です。

>今回のマンションの傾きは、大惨事なのですか?
→いいえ、大惨事ではありません。

ただし、このまま住み続ければ、傾きはどんどん大きくなっていく事は確実です。
数年後には、「中」惨事くらいにはなっているかも?

>建築物が傾くのも程度の問題があると思いますが、
築年数にあわせて許容範囲とかあるのですか?
→「新築時」の規定はありますが、築年数に応じた許容規定等はありません。

今回、問題なのは、「2㌢傾いた」とかの「数値の大小」ではありません。
2㌢傾いたお陰で調査して判明した、「建築基準法違反と嘘の工事記録」が大問題なのです。
また、キチンとした構造が完成していないので、地震に弱いのも確かです。



2015/10/1614:33:29

あれくらいの建物で年数によって2cmくらい傾く事は有り得ること。

ただし、本来あるべき支えに故意による欠陥でそれが起きれば人為的過失となると言う事。

許容範囲は建物の規模や計画用途によって危険度などの違いがあり、一律ではないが目安的数値はある。(環境、自然災害による想定の範囲など色々な要素が絡んでくる事から=建設会社の罪。とはならない場合も多い)

「1棟の傾きで、全棟建て替え」なんて今はカッコウつけているが、どこまでそれを通せるのかが見もの。

下請けに全額負担させる気でいるらしいが、どこまで善意の第三者でいられるか?(監理監督責任もある。)

請求された下請けがどこまで対応するのか?
(マトモなら黙って全棟の負担はしない。裏で得があるなら受け入れるかもしれないが)

終いには住んでる人に対し、数年居住した減価償却まで言い出すかもしれないし。

杭打ち業者は過去の3000にも手を入れ見直す。とか言ってるが、一般的観点で見ると今回のは氷山の一角でしかないだろう。

ドーンとデカイ打開策でお金掛けて逃げ切れれば天晴れだが、そうはいかずアネハの時のように罪人を担ぎ上げて解決する事になるのでは?





<追記>

旭化成といえばへーベルハウス。
鬼怒川氾濫の際は、濁流の中、最後まで1軒だけが生き残り、その評価が上がりました。

へーベルハウス 鬼怒川氾濫

そして今回は、奈落の底へと落されました。

そもそもマンションの問題は、ずっと以前から起きていたこと。
それが突然大きな社会問題化しました。

両者には、何か関係があるのかな??

  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters