日韓首脳が電話会談 おわび表明し関係改善確認

 
あらら、約束しちゃったのね!?
どうせ彼らは破るに決まっていますが…。

彼らにとって約束事は、弱い立場の者だけが守るもの。
強い者は、守る必要はないんです。

朝鮮や中国とは、そういう国。
動物と同じなんですね。

何回騙されたら気がつくのやら…。(とほほ)

日韓首脳が電話会談 おわび表明し関係改善確認
12月28日 19時22分 NHK


安倍総理大臣は、韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領と電話で会談し、慰安婦問題について、おわびと反省の気持ちを表明したうえで、日韓外相会談での合意を歓迎する考えを伝え、日韓関係の改善を確かなものとしていくことを確認しました。

安倍総理大臣は、日韓外相会談を受けて、韓国のパク・クネ大統領と28日夕方、およそ15分間、電話で会談しました。
この中で、安倍総理大臣は「元慰安婦の方々の筆舌に尽くしがたい苦しみを思うと心が痛む。日本国の内閣総理大臣として、改めて、慰安婦としてあまたの苦痛を経験され、心身にわたり癒やし難い傷を負われたすべての方々に、心からおわびと反省の気持ちを表明する」と述べました。そのうえで、安倍総理大臣は「慰安婦問題を含め、日韓間の財産・請求権の問題は、1965年の日韓請求権協定で最終的かつ完全に解決済みであるとの、わが国の立場に変わりはないが、今回の合意により、慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを歓迎したい」と述べました。

これに対し、パク大統領は「両国の最終合意がなされてよかった。日韓50周年のことし中に合意ができたことには大きな意味がある。慰安婦被害者たちの名誉と尊厳を回復し、心の傷を癒やす機会にしていかなければならない」と述べました。そのうえで、パク大統領は「すでに合意したように、慰安婦被害者の名誉と尊厳と心の傷を癒やす事業が実施されれば、この問題が再び議論されることはない。この合意が日韓関係を安定的に発展させるための歴史的契機にしたい。来年からは、より未来志向の関係としたい」と述べ、今回の合意を歴史的契機として日韓関係の改善を確かなものとしていくことを確認しました。



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

コメント

No title

 アメリカが日・韓に圧力を掛けたのですよ。
アメリカの狙いは中・韓の分断。
その前には米・露の和解で中・露の分断を策している。
つまり、中・韓・露の反日統一戦線を瓦解させようとしているのです。
勿論、日本の為ではなく、中国との覇権争いです。
アメリカは今年、本気で中国打倒を決意した。日本(安倍政権)はつきまくっています。
 詳細は最近の私の記事で。

Re: No title

666さん、

背景としていろいろと考えられますね。
できもしない約束であり、いずれ反故にされることを見込んだうえでの行動。
そう考えると、一番すっきりとします。

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters