ヘイトスピーチ抑止、条例案可決へ…大阪市議会

 
大阪市でヘイトスピーチ抑止条例案が可決だとか。

この手の報道では、いつも日本人が悪者にされていますが。
でも、罵詈雑言を吐いたり、不法行為を繰り返している、明らかに在日の方ですね。

ときおり繰り返されている安倍・橋下会談。
こういった状況を考えると、何となくですが、真の狙いはこっち??なのかも。

とりあえず様子を見守りたいと思います。

ヘイトスピーチ抑止、条例案可決へ…大阪市議会
2016年01月08日 08時35分


 民族差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)の抑止を目指し、大阪市が市議会に提案した全国初の条例案が、早ければ15日にも可決・成立する公算が大きくなった。

 議会側には慎重意見もあったが、市長与党で最大会派の大阪維新の会が提示した修正案に対して共産などが賛成する方向で調整を始め、過半数を確保できる見通しとなった。

 条例案は、橋下徹前市長が昨年5月に提案。学識者による審査会の調査に基づき、ヘイトスピーチを行ったと認定した者の氏名や団体名を公表するほか、被害者が訴訟を起こす場合に必要な費用を貸し付けるとしていた。

 だが、市議会では、市長が審査会委員を決めることに異論が噴出。訴訟費用貸し付けについても「訴える側だけに貸し付けるのは不公平」との指摘があり、継続審議になっていた。

2016年01月08日 08時35分 Copyright © The Yomiuri Shimbun



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters