竹林とわくらば

 
竹林

皆さん誰でも、『竹』をご存知ですね。

では、『わくらば』はご存知でしょうか?
あるいは、『わくらば色』がどんな色だか、分かるでしょうか??

竹は、もちろん松竹梅の竹です。
門松などにも使われますね。
めでたいもののひとつです。

成長が速く、しかも真っ直ぐに伸びます。
竹林を歩くと、その凛とした姿に、清々しい気持ちにもなりますね。
だから、多くの方は、この竹に好感をもっているかと思いますが、、、

でもこれは、都会暮らしの人から見た竹のイメージなんですね。
ふだん生きた竹に触れたことのない人の印象です。

田舎の山村に行くと、多くの人から、実は竹は嫌われています。
いや、嫌われているを通り越して、ときには怖れられてさえいます。

いったん伸びてくると、もうその畑では作物の栽培、収穫は難しくなるんですね。
成長が速いうえに群生し、しかも太陽光を遮るので、あらゆるものが育たなくなるんです。

これは野菜だけではありません。
みかんや柿、栗などの果樹でさえ、枯れてしまうんですね。

竹は一本一本が独立して生えているのではなく、根でつながっています。
気がついたときにはもう、地面の下には、根が縦横無尽にはり巡っています。
百本単位で生えてくるんですね。

さらには、、、

これらだけではありません。
家の中にさえ、侵入してくるんですね。

空き家を放置しておくと、床から畳を持ち上げてきたり、畳を突き破って、時には天井に突き刺さっていることさえ・・・。
あなたは想像できますか?

恐るべき生命力です。
こうなるともう、個人の力ではもうどうしようもできなくなります。

こんな竹林でまともに育つのは、タケノコぐらいなんですね。
光を独占されると、あらゆる競合するものは、ほぼ全滅になります。


これは人間社会でも同じです。

盆や正月に、我が家には親類が集まるのですが、よく観察していると、、、
夫婦、兄弟姉妹、親子関係において、輝いている者がいると、必ずと言っていいほど、もう片方は枯れています。

まるで両者の間には、反比例の公式があるかのようにさえ感じます。
まるでコインの表と裏です。
輝いている方には決して悪意はないのかも知れないけれど、相手の光を奪っているんですね。

早い段階で手当てをすれば治るんですが。
往々にして、その原因分析さえできず、重症化していきます。

まずは口数や表情に表れ、それが過食や拒食、異常な精神状態や問題行動などなどに、発展していきます。
私の目から見ると、ごく少数の身近な親類の中でさえ、将来要注意になりそうな人物は見つかるんですね。


さて、冒頭の『わくらば』

わくらばとは、夏の盛りに刈れている葉を指します。
漢字では、『病葉』と書きます。

わくらば

夏の盛りでの紅葉は、やはり目立ちますね。
一瞬気を惹くかもしれませんが、いずれ枯れ落ちる運命です。

私は長年サラリーマンをしていたんですが、会社の中でも同じですね。
挨拶をはじめとしたごく普通の会話さえ、成り立たない人がいます。

しかも結構たくさん、、、

男の場合は、外に出るタイプ(暴力発散型)と内にこもるタイプ(対人恐怖症)の2種類。
女の場合は、過食するタイプと情緒不安定になるタイプの2種類。

これらをしばしば見かけました。
もともとの原因はきっと、身近な家族による長年に亘る影響なんだろうね、と思って見ていましたが。

輝いている人。
魅力的に見えるかも知れませんが、あまり近寄り過ぎると、自分の分の光まで奪われます。

近づき過ぎない。
長い時間一緒にいない。
これらが重要です。

ひとつの関係に依存しないことも重要です。
交友範囲を広げればいいんですね。

家族関係は、なかなか排除するのは難しいですが、友人関係は選べます。
小さな会社では無理かもしれませんが、職場の関係も、ある一定年数耐えれば、配置転換等で変えることも可能です。

いずれにせよ、重症化しないうちに、対処するべきですね。
正月の間、親族を見ながら、こんなことを漠然と感じていたんですが。



決してこの話の主題ではないんですが。
話を国際情勢へ転じると、、、

日本と韓国の間には、領土を巡る問題があります。
その島の名前は、奇しくも『”竹”島』

”竹”の島なんですね。
日本は”竹”
この竹の話と同様に、日本は輝き過ぎなんですね。

その結果、周囲の光を奪っている。
そういう現実があります。

韓国の強烈な歪みは、日本が作っている一面もあるんですね。
日本が関わらなければ、決してここまでは重症化しなかった、、、。

心理学的には、日本が輝けば輝くほど韓国は歪み、陰湿あるいは凶暴になるものなんです。
これは韓国に限らず、中国や欧米諸国まで同様です。

日本製品が進出してきたら、当地の経済は壊滅的な被害を受ける。
車でも電子製品でも、およそ工業製品のほぼすべては、日本製がずば抜けて優秀だった。
そういう歴史の繰り返しでした。

だからこそ、世界の多くは反日なのかと。

日本人は気に入ってもらうために、皆が努力していいものを作ろうとしますが、他国はそもそもその努力が気に入らない。
それが理解できれば、自分の振る舞いも変えることができただろうし、また相手の振る舞いも理解できていた。

具体的には、、、

いいものならば、安値で大量に売らなくてもいいんです。
高値で少量を売る。
利益が出ればいいんです。

だから円高にされた。
そしてその代償として、技術をもって海外へ進出する必要に迫られた。

でも、海外に技術を流出したから、真似をされたんです。
技術を流出しなければ、真似をしたくても真似はできなかった。

労働条件の悪化や少子高齢化など、他の社会問題の原因にもなっているんですね。

反日とともに崩れゆく日本社会。
日本がここまで崩壊したのも、大局観というか、国家レベルでの戦略がなかったからでしょうな。

包囲網を作られて、わくらば色に化してきている。
そういう思いがよぎります。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters