ミンス党の新しい党名

 
まだ党名で揉めているのね!?
ひっついても、選挙が終わったら、どうせすぐにまた分裂するのは目に見えていますが。

民主と維新 新しい党名の案をあすから募集
3月3日 16時28分 NHK


民主党と維新の党は、新しい党名を巡って実務者が協議を行い、4日から3日間、両党のホームページなどで党名の案を国民から募集することを決めました。

民主党と維新の党は、今月中の合流に向けて新しい党名と綱領を策定するための協議を2日から行っていて、3日、両党の実務者が党名の案を募る方法を検討しました。
その結果、4日から6日までの3日間、両党のホームページとファックスで、新しい党名の案を国民から募集することを決めました。
両党は、寄せられた案をどのように絞り込むかについて、来週7日に改めて協議することにしています。
党名を巡っては、民主党が「民主」の文言を入れることは譲れないとしているのに対し、維新の党は、世論調査を行って絞り込むことを主張しています。
会合のあと、民主党の赤松前衆議院副議長は記者団に対し、「密室で新しい党名を決めるのはよくないので、幅広い英知を集めることで両党の合流への関心を持ってもらうことにつなげたい」と述べました。
また、維新の党の江田前代表は「国民に開かれた政党にしたいという意味を込めて、広く国民の意見やアイデアを募集したい」と述べました。



そもそも、ミンス党が『民主』という言葉にこだわる理由。
私は裏があると睨んでいるんですが。
いや、思い過ごしかも知れませんが。

日本のそばにある迷惑な国々。
いわゆる特亜3ヶ国。

中華人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国
大韓民国

これらの中で共通する漢字:『民』
この元々の意味は、以前にも書いたことがあるかと思いますが。

http://matome.naver.jp/odai/2138016630136696401


両目をつかれ見えなくなってしまった奴隷の様を表す。
これは昔、戦争に負け奴隷となってつかえた人々が逃げられないように
両目をつかれていたことが起源とされています。
多くの民衆がこういう状態で王に仕えていたことから「民」という字ができた



両目を針でついて、目くらにした奴隷なんですね。

何回もの設立・解体を経てもなお、この文字を残そうとこだわるそのしつこさの意図というか姿勢というか。
この文字をなくすと、党存在の意味を失なってしまう・・・。
何となく、そういう意図を感じるんですが。

 
 
まぁ、私がつけるなら、罠主党かな!?
(この罠という文字は、『ミン』と音読みするそうです)

そしたら有権者には非常に分かり易く、漢字の一部分に『民』という文字も残っているし。(笑)

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters