近々何か大きなことが起こる

 
米国では、大統領と副大統領が同席する会合は開かれない。
安全保障に関する柱ともなる原則だそうです。

ところが、この会合が、今月既に複数回も開かれているのだそう。
これは、国家安全保障に関わる重大な件があることを意味します。

その席には、FRB議長も呼ばれている。
そしてこの状況は、2008年のリーマン・ブラザーズの破綻が報道される前の状況に似ている・・・。

、、、近々、何か大きなことが起こりますね、きっと。
そして、それが誰の目にも明らかになるのは、およそ2年後くらいなのだそう。

http://www.trendswatcher.net/03-2016/geoplitics/frbの緊急特別会合の意図-part1/
FRBの緊急特別会合の意図―Part1
13.04.2016


 11日に米連邦準備制度理事会(FRB)は急遽、非公開の特別会合を開いた。その後、イエレン議長はホワイトハウスに呼ばれ、国が非常事態でない限り行われない、大統領と副大統領、財務長官を含む緊急会合が行われた。引き続き12と13日にもFRBの非公開特別会合が実施されたが、その内容や目的は非公開のままである。

 4月には、これまで非公開の緊急特別会合が4回開かれたことになる。

4月6日  銀行監督関連事項
4月11日  金利に関する金融政策(7日に会合が設定)
4月12日  銀行監督関連事項 (11日に会合が設定)
4月13日  金融市場、金融機関、インフラに関する事項(11日に会合が設定)

報道されない特別会合

 注目する点は特別会合が開かれた事が、FRBのホームページ以外は一切主要メディアでは報道されていないことである。特別会合であれば、その緊急性と重要性が焦点となるが、会合に関する情報はなく、非公開であることが、逆に金融システムが深刻な状況にあることを意味する可能性が高い。

 2008年のリーマン・ブラザーズの破綻が報道される前の状況に似ている。FRBが特別会合を開き、その後米財務省と共同で複数の金融機関とリーマン・ブラザーズの売却の交渉を行ったが、最終的には商談が決まらず、破綻した。

 加えて、12~13日には、G-20の財務大臣と各国中央銀行総裁の会議が米国ワーシントンDCで実施され、IMF と世界銀行の共同年次総会が15~17日の期間に予定されている。この一週間で、米国ワーシントンDCにおいて世界の金融状況に関する会合が、全ての主要金融関係者間で話し合われている事の意味することが重要である。




http://www.trendswatcher.net/03-2016/geoplitics/frbの緊急特別会合の意図-part-2/
FRBの緊急特別会合の意図―Part 2
16.04.2016


米連邦準備制度理事会(FRB)の緊急特別会合が11, 12, 13日と3回開かれたが、協議内容に関してはなおかつ非公開である。11日には、会合後にイエレン議長はホワイトハウスに呼ばれ、大統領と副大統領が同席するといった異例な会合(*)が開かれた。FRBが緊急特別会合を開く必要となった背景には、欧米の金融機関の業績悪化と高まる破綻リスクがある。

*国家安全保障に関わる重大な件でなければ、国家安全保障上、大統領と副大統領が同席する会合は開かれない。 

救済が必要となる米銀行

 2008 年のリーマン破綻後の公的資金を使っての銀行救済への批判を受けて、2010年にドッド・フランク・ウォール街改革・消費者保護法が成立された。ドッド・フランク法では、銀行を対象にレゾリューションプラス又はリビング・ウィル(破綻処理計画)の策定を求める規定がある。これは金融機関の破綻リスクがある時に、自ら秩序だって処理・解体するための計画である。同規定は「大きすぎて潰せない銀行」の問題への解決、納税者の負担による銀行救済、ベイル・アウトを無くすことを目的としている。

 そのレゾリューションプランに関して, FRBと連邦預金保険公社(FDIC)は、FRBの緊急会合後の13日に、「大きすぎて潰せない」銀行のうち、

 バンク・オブ・アメリカ
 バンク・オブ・ニューヨーク・メロン
 JPモルガン・チェイス
 ステート・ストリート
 ウェルズ・ファー

が最低要件を満たしていないことを発表。さらに、モルガン・スタンレーとゴールドマン・サックスも連邦倒産法では倒産手続きができないと、レゾリューションプラスが不十分であることをつけ加えた。その他の銀行、バークレイズ、クレディ・スイス、ドイツ銀行とUBSのレゾリューション・プランは現在検討中である。

 ほとんどの「大きすぎて潰せない銀行」は破綻処理ができず、次の金融危機の際、ベイル・アウトやベイル・インが必要となる状況にあることを意味する。今回、FRBと FDICが特に注目したのが、銀行の資産流動性が適切なレベルを満たしていないことである。

JP モルガン破綻の脅威

 総資産2兆ドル、保有する商品デリバティブ総額51兆ドルの米国最大の銀行であるJPモルガンは、次の金融危機の際、米国の金融システム全体の崩壊を引き起こすと FRBと FDICは指摘する。なぜならば、JPモルガンは米5大銀行のうち、最も連鎖リスクが高いからである。

JPモルガンはドイツ銀行に続き、最も商品デリバティブを保有している銀行である。レバレッジが高いほど、ダフォルト・リスクと他の銀行との結合指数が高く、連鎖リスクは高い。つまり、商品デリバティブ・デフォルトが発生した場合、その影響は他の銀行へと波及し、深刻な場合、銀行破綻が連鎖的に起こる可能性が高いのである。

 レゾリューション・プランがドッド・フランク法の最低要件を満たさないことが意味することは、銀行自身が破綻リスクを十分把握していない、破綻の際は破綻処理ができない、1銀行の破綻は連鎖的に他の銀行に波及することである。




http://haradatakeo.com/?p=62727
2016年04月24日
2016年4月末を持って「次」へと移る世界。 (連載「パックス・ジャポニカ」への道)ブログ

このコラムを通じてはあえて書いて来なかったが、私の研究所が出している調査分析レポートでは繰り返し述べてきていることが一つある。華僑・華人ネットワークのハイレヴェルから2月半ばの段階で伝えられた言葉だ。

全ては2016年4月末をもって変わる。それまで心して待つように。そこから全てが始まる。これまでの尽力に心から感謝する」

しばしば私が聞かれることが一つある。「結局のところ、何を分析しているのですか」という問いである。

この問いに対する答えは、簡単であり、同時に難しい。すなわちある種の”センス“を持ち合わせている方々にとっては言わずもがななのであるけれども、哀しいことにそれを持ち合わせない方にとっては皆目見当がつかないことなのである。

それではその”センス”とは何かというと、時代の流れの”節目“が一体どこで生じ、その先はどうなるのかというものに対する”センス“なのである。ここでいう時代とは、西洋では「時代精神(Zeitgeist)」と呼ばれてきたものであり、あるいは東洋では「龍」と言われてきたものであると申し上げれば御理解頂けるのではないかと思う。そして大きく目の前を動き続ける”これ“には明らかに節目があり、その節目に誘われるようにして私たちは成長・成功し、あるいはそれに躓くかの様に失敗・淘汰されていくのである。このことが直観的に分かる方とそうでない方が明らかにいる。だからこそ、私は”センス“とここで言っている。

西洋諸科学はご承知のとおり「再現性」を柱として構築されている。しかしそもそも西洋諸科学が行って来たこととは、あるいは“神”と呼ばれてきたこの「時代精神=龍」そのものをとらえ、出来れば己のものにしたいという強烈な欲望に基づく行動に他ならないのである。そして「龍」が頭から始まり、尻尾で終わるという形態をしているようにその動き・流れは一回性でしかないのにもかかわらず、それが誰の目の前でも繰り返されるという意味での「再現性」に直結していると考えることは余りにも矛盾しているのである。

それでもなお西洋諸科学の研究者たちがなぜ「再現性」に拘るのかといえば、先ほど述べた“センス”を残念ながら持ち合わせないからなのである。要するに嫉妬からそう主張しているに過ぎないのであって、“センス”を持ち合わせている方々は邂逅の瞬間から分かり合えるのとは大違いなのである。

この様にいうと「神がかり」という声が聞こえそうだ。正直申し上げるならば、今から14年前までの私もそうだった。当時の私が書いた論文や書籍を読んで頂ければお分かり頂けるとおり、私にとって絶対的であったのは人類に普遍に宿っているはずの「理性」なのであって、それが徐々に世界において顕現(reveal)していく過程こそが世界史なのだと信じてやまなかったのである。あるいはドイツ留学中に貪り読んだヘーゲルの史観が脳裏に刻み込まれすぎていたのかもしれない。

しかし人生とは実に不思議なもので14年前に起きた「ある出来事」から私の人生は決定的に変わったのである。それは余りにも根元的なものであり、同時に決定的なものであったことを今でもよく思い出す。

時は正に「構造改革・規制緩和」真っ盛りの時代であった。「ぶっ壊す」をキャッチフレーズに縦横無尽に動き回る小泉純一郎総理大臣(当時)の余りにも突然の登場に面食らいながらも、その勢いが止まらないと見極めるや否や、我が国の社会全体がその流れの盲従し始めたのである。その一方で、私の立場は当時、「官僚」「外務官僚」なのであった。「改革勢力」からすれば”守旧派“の権化ということになる。職場にはバッシングの矢が役所の外から次々に飛んで来、嫌気がさした者たちは民間に転職してはカネの亡者を目指し始め、あるいはそうしたやる気が起きない者たちは省内で隠遁を決め込み始めた。

私はといえば、よくよく考えるとこうした「改革勢力」に与することも、あるいは最も簡単に出来るポジショニングだったのかもしれない。省内においては公金横領をした同僚たちを徹底追及する「査察」の役割も担っていたし、汚らしい過去との訣別を叫んで、国会議員の議席の一つや二つなど、得ようと思えば得ることが出来たのだと思う。現に外務省を辞めようと決意した私の下には与野党の領袖から「今度の国政選挙に出ないか」という具体的なお話を頂いた(その一人は現在、内閣総理大臣になっている)。

だが、私はどうしても違和感を拭えなかったのである。世界史において余りにも根元的な部分を担っている人脈との邂逅が、結局、14年前から隠すことの出来なくなった「違和感」の根源であったわけであるが、そのレヴェル感からするとたかだか「議員バッジ」をつけることにそのタイミングで邁進することなど、無意味に思えて仕方が無かったのである。実際、その後、「選良」であるはずの議員諸兄が余りにも下らないスキャンダルで次々に失脚していくのを見ると、そこでの直観は正しかったのだと思うわけだ。少なくとも、あの“出会い”によって気付かされた私が進むべき道では確かに無かった、と。

それでは己のやるべきこと、進むべき道のりがはっきりと分かっていたのかというとこれまたひどく心もとなかったことも事実なのである。だが、繰り返しになるが14年前に起きたある出来事によって刻印された、世界史そのものを担う人々のレヴェル感というか、深さというか、包括性というか、そういったものからするとまだまだ己は卑小であって、為すべき修業は多々あると直感的に思ったわけなのだ。私が外務省を自主退職した後、一体何をしてきたのかといえば、こうした意味での「直感」だけを頼りに真っ直ぐに突き進んで来たに過ぎない。

そうした過程で、徐々に己の(ある意味、世間的に見ると「無謀」な)突進に“意味”を与えてくれる方々が一人、そしてまた一人と現れたのである。様々なレヴェルまで入れると正に無尽蔵といった数になるが、あえてこの場で決定的な“意味”に気付かせて下さった方々を指折り数えるのならば4名ということになる。そしてそれらの方々のいずれもが、私が為すべきことが世界史において根元的な潮流、すなわち件の「時代精神=龍」と直結していることを気付かせてくれ、だからこそ前進しなければならないし、具体的に何を成すべきかを1つ1つ、私が前進するという意思を持つ限りにおいては示して頂き続けているというわけなのである。

その間、私は実に様々なことを問わず語りで学んできた。―――世界、いや森羅万象は根底においてたった一つの原理で動き続けているということ。そのことを自覚し、それと符合して動く者たちののみ未来は切り開かれるということ。そうした者たちは決して己を喧伝することなく、「よく隠れし者、よく生きたり(Bene qui latuit ,vene vixit)」なのであって、その言葉は必ず、そう”必ず“、必要な人物に必要なタイミングで届くようになっているということ。そうした原理で動いている世界の基層は普段、表に出ることはなく、正に「昼行燈」とでもいうべき生活を送っていること。しかし一たび「時代精神=龍」の節目がおとずれるとなると、一気に動き始め、他が圧倒され、呆然とする中、瞬く間に次の「構造」としての「担い手」を決めてしまうということ。そしてその「担い手」足り得るためには、一体何を己に課して為し続けなければならないのかということ。さらには、そうした「担い手」であることの証として根元的な勢力から分け与えられる”お金“と、それ以外の普通に流布されいてる”お金“の二種類が通貨にはあるということ―――。

これらのことについて気付かせて下さった方々とは別に、無数の人物がこれまで私の人生の道のりにおいてクロス・オーバーしてきたことも今、あらためて思い出す。そしてある種の方々は正にこうした「意味」に肉迫しており、次の“担い手”であらんともがき続けていた。だが、どうしても彼・彼女らはそうはならないのである。なぜならば根本において彼・彼女らを動かしているものが我執だからだが。そして実に不思議なもので、そうした我執がその心の中に根付いている限りにおいて、件の「時代精神=龍」は彼・彼女らの前に本当の意味で姿を現すことはないのである。そしてそれを体現している根底的な勢力もまた、直接姿を目の前に現さないのだ。その代りに出て来るのは、それらからすれば余りにもレヴェルの低い事共、者たちばかりなのである。そしてそれはなぜなのかといえば理由はただ一つなのであって、「我執」が故なのである。残念だが、致し方が無い。これだけは、ご自身が気付かない限り、何も変わらないのである。いや、永遠に変わらないような気もする。

「時代精神=龍」の節目がほんの少しだけ見え、その時、世の中を今後、根底的に担っていく人たちの連なりがわずかばかり姿を現す瞬間。それがこの2016年4月末という「瞬間」なのである。そして「時代精神=龍」はそこで新たにコネクトされる者たちを祝福するかのように、その証としての富を彼・彼女らに分配する。そのことはやがて我執にとらわれた、しかし表向きは金融資本主義の最前線にい続けている者たちの知るところとなり、拡散し始め、大きな渦となって世界史を動かし始める。そのことが誰の目にも明らかになるのは、このままの目算だと二年後といったところであろうか。

「人を見るのではない。天だけを見つめよ」

未来は予測できないと堂々と述べる者たちがいるがそれは決定的に間違っている。未来は考えるものではなく、件の”センス“をもって感じるものなのであり、かつそれは窮極において他者との交わりという意味での「社会」とは無関係なのであって、己が果たすべき役割は何なのかという点について「時代精神=龍」との普段の会話によってだけ、紡ぎ出されるべきものなのだ。そしてその限りにおいて、未来は必ず現実になる。なぜならば”センス“をもって感じるのが自分ならば、それに誘われてひたすら真っ直ぐに突き進むのも自分だからだ。至極簡単なことだ。他に何も要らない。

残すところ1週間で終わる今月(2016年4月)。そこで未来への扉は一体誰の目の前で、いきなり開かれることになるのか。次の時代の本当の「担い手」は誰であり、「時代精神=龍」は彼・彼女らに何を与えることになるのか。目を凝らして観詰めていただきたい。

2016年4月24日 東京・仙石山にて

原田 武夫記す



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters