人工透析患者に「実費負担できないなら殺せ」 長谷川豊のBLOGOS記事が炎上、編集部は謝罪のうえ削除

 
病人や老人の医療や人権の問題。

嫌がる本人を無理やりに突き放すのは問題かと思いますが、、、
望まざる治療、延命処置の中で生きている患者も多いんですね。

私の住んでいるような過疎の町では、病院はどこも老人で一杯です。
意思の疎通が難しい人も、少なくありません。

私の両親も含め、安楽死を望む人も少なくはないかと思いますが、、、
でも、できないんですね、今の法制度では。

また、日頃そう思っている老人でも、いざ自分が病気になって実際にどこかが痛み出すと、必ず考えが変わります。
病院へ連れて行ってくれ、薬をくれというものなのです。
だからなおさらできません。

さらには、医療や介護を職とする者もいるんですね。
老人や患者をなくしたら、今度は彼らの生活が成り立ちません。

この不健全なつながりが奇妙に成り立つ中で、多くの若い健康な人が犠牲になる。
そういう歪んだ社会構造になっています。

下記の主張は、そういった難病患者に対する、健常者の思いです。
正論ですね。

でも削除せざるを得ない。
さらには謝らざるを得ない。

何か釈然としない思いが残ります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160922-00000041-it_nlab-sci
人工透析患者に「実費負担できないなら殺せ」 長谷川豊のBLOGOS記事が炎上、編集部は謝罪のうえ削除
ねとらぼ 9月22日(木)20時53分配信

BLOGOS編集部の謝罪文


 ニュースサイト・BLOGOSが、9月19日掲載記事「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」に不適切な表現があったとして謝罪。当該記事を削除のうえ、謝罪文に差し替えました。

【削除された記事の文章】

 同サイトは有識者のブログ記事を転載して伝えるメディア。当該記事も、フリーアナウンサー・長谷川豊氏の同名記事から転載したものでした。

 ある医師が語ったという「人工透析患者の8~9割は『自業自得』の食生活と生活習慣が原因」との言説から論は出発。人工透析患者は1級障害者に認定されるため、医療費は無料になります。その現状をイソップ童話になぞらえ、「自業自得なキリギリスが、健康に気を遣って生活しているアリの納めた保険料で生きている」といった論旨を展開。「キリギリスは餓死しなければいけない」「日本の病魔の1つが『保険』であることは確か」など、タイトル通り辛らつな言葉で締めくくられています。

 この論は健康保険制度の問題を提起するものでしたが、「この書き方では殺人を不特定多数に呼びかけてはいないか」「いち医師の意見をさも全体の問題かのように述べている」など、ネットでは多くの批判が寄せられました。

 BLOGOS編集部は「チェック体制の不備から、編集部内で検討、筆者との協議などが十全に行われないまま掲載(転載)に至ってしまいました」と説明。当該記事に不適切な表現が含まれているとの認識の下、長谷川氏と協議を行ったうえで、補足記事を含め削除する判断を下したそうです。なお、長谷川氏は寄せられた批判に対し、自身のブログで反論を続けています。

(沓澤真二)



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

コメント

かつてアメリカの「拷問のアウトソーシング」すなわち、自国内では容認されていない拷問を合法的に行うために拷問が容認、あるいは黙認されている国へ容疑者を移送して合法的に拷問を行っている。ということが話題になったことがあります。

これと同じような「安楽死のアウトソーシング」が登場してくるのではないかと愚考しています。例えば、意思疎通ができなくなる前にそれを行う団体か何かに安楽死したい旨を伝えておき、安楽死の費用と可能ならば現地への旅費を積み立てるか払い込んでおく。いざその時になったら安楽死が認められていない国から安楽死が認められている国(ベネルクス三国あたりでしょうか?)に送致し、正式に安楽死を行う。
…とまあこのようなビジネスが今後裏にせよ表にせよ登場してくるのではないでしょうか?現在進行形で飛び交う麻薬や、禁酒法時代のアメリカのように法で禁止されていても一定以上の需要があるものならば必ずその需要をグレーゾーンや不法をも厭わずに満たそうとするものは十中八九現れてくるものですし。最近は格安の旅行会社やらお金さえ払えばそれだけで何も言わない某半島系の航空会社といったようにコストやその他のハードルも低くなってきているようですし。

考えさせられる

タバコを吸う人と吸わない人のガン保険料にも矛盾があるのかもしれませんね

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters