FC2ブログ

虐殺大国 韓国

 
<追記> 2010/7/24


何かと反日活動に熱を入れる韓国

なんやかんやと日本にケチをつける前に、自国の歴史を直視すべきですね。
まぁ、中国にしろ、暴力団にしろ、とにかくまともでない連中がいつも取る手口は同じです。


調べてみると、その背景には、中国と同じように自国民虐殺の歴史がありますね。
光州事件の170人虐殺なんて、霞んで見えます。

国民保導連盟事件で30万人。
国民防衛軍事件で数十万人。
その他も合わせると、100万人くらいでしょうか。


補導連盟事件
   韓国憲兵のよる一般市民処刑現場の写真(撮影は米軍)
   出展:http://temple.iza.ne.jp/blog/entry/689774


これは、口蹄疫で処分されたウシの写真ではありません。
ポルポトも真っ青です。

ちなみに1942年に人口は2500万人ぐらいだったそうだから、全人口の4%くらいに相当します。
誰でも親族で1人くらいが犠牲になっている換算です。

おまけに朝鮮戦争で350万~400万人。


従軍慰安婦がどうのこうのと、嘘八百で日本を蔑むのも、元はといえば、国民の非難の目を外に反らせたいため
徹底したウソの歴史教育を行っている。

日本や他の先進国と付き合うためには、そうしないと政府がもたないんです。
中国にしろ、韓国にしろ、先進国の仲間入りを目指そうとすると、今までの独裁政権での暗い過去が邪魔になるんです。
国民が事実を知ると、政府が崩壊する。

だから、あるとき、本当は事実が違っていたことを知ると、国民は病気になるんです。
韓国人特有の精神疾患:火病。 
http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-259.html  ←(笑)

要するに、優越感と劣等感は、表裏の関係であると、心理学で言われるとおりですね。
本当のことを知ったとき、今まで散々恨み蔑んできたエネルギーが、自分に跳ね返ってくるのです。
エネルギーが強烈であればあるほど、自分に跳ね返ってくるエネルギーも強烈なわけです。




http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=3994

【韓国史】戦後韓国の虐殺事件 2006.05.29 Monday


■ハンセン病院虐殺事件 1945年8月21日

ハンセン病の隔離施設「小鹿島」で園運営をめぐっての対立で朝鮮人職員らにより入所者患者中自治会員ら84名が虐殺されます。
しかし、まだ朝鮮に駐留していて、武装解除していなかった日本軍が緊急出動し24日には鎮圧されました。


■済州島事件 1948年4月

解放後、島の人口は帰還者を含めて約30万人でした。
共産党系の人民委員会が島民の間に大きな根を張っていて、1948年当時の南労党員は6万人程度。
島民の80%が南労党支持。
最悪な事に、対アメリカ戦に備えて旧日本軍が島を陣地化していて、それが残っていた。
4月3日深夜、旧日本軍の武器を手にした武装グループが蜂起。
韓国で一番高い山と、その山の千数百の洞窟を使い、ゲリラ戦を行う。
韓国軍(アメリカの支配下なので「国防警備隊」)により、鎮圧。
韓国政府は、正確な被害者数を未だに公表していない。
韓国政府の発表では、 「共産主義者の手により」死者 一万五千人、400の村のうち、300が被害を蒙った。
二万戸の家が火災で焼け、六万五千人が家を失った。と、されている。
政府関係者が口にしているのは死者六万人~七万人。
反体制の人々は死者十万人以上を主張していた。
アメリカ人学者ジョン・メリルは「正確な事は解らないが、死者は3万人あまり」と記している。


■麗水・順天反乱事件 1948年10月

済州島事件の鎮圧に赴くはずだった第14連隊の1個大隊が反乱。
10月21日 反乱部隊包囲される。
10月22日 順天鎮圧。
10月27日 麗水鎮圧。
反乱軍は人民裁判により、400人以上の警官やその家族などを殺害した。
鎮圧軍は、順天町民5000人を順天北国民学校の校庭に集め(中略)、人民裁判に積極的に参加した者を一級、消極的に参加した者を二級、曖昧な者を三級とし、反乱軍と一級をその場で棍棒で殴り殺した。


■国民保導連盟事件 1950年夏

韓国各地で、無抵抗で非武装の国民、合計30万人が虐殺
殺されたのは国民保導連盟の人達。
国民補導連盟とは、今まで厳罰一辺倒だった共産分子への対応を改め、自首期間中に、共産党の甘い言葉に騙された人は、自首して国民保導連盟に所属すれば、罪は問われない、としたもの。
しかし、人民解放戦争(朝鮮戦争)勃発と共に、韓国人によって全て虐殺された。


■大田刑務所虐殺事件 1950年7月始め

朝鮮戦争勃発直後の1950年7月初め、韓国の軍と警察が、大田刑務所の収監者約1800名を銃殺していたことが、このほど資料的に裏付けられた。このことは、2000年1月5日、韓国マスコミが、機密指定解除されたアメリカ国立公文書館の文書から「処刑」が確認されたと報道したことにより、明らかになった。


■国民防衛軍事件 1950年冬

死者 数十万人。(詳細は、東亜日報にて連載された。)
中国の人民解放軍が”義勇軍”として介入すると、米韓軍は南に退却した。
このときに、北朝鮮の占領地域に青年達を残してゆくと、北朝鮮側に使われる事になる。
敵を利してはならない。というので、これらの青年を狩り集めて、南に連れて帰った。
この時の受け皿となったのが「国民防衛軍」であった。
しかし、南に連れて帰るとはいっても、輸送手段も無く、宿泊施設も、食料も、衣類も、寝具も無い。
酷寒の中を、ただひたすらに、南へ南へと進んだ。通称「死の行進」「死の南下」数十万人が死んだと言われている。





http://temple.iza.ne.jp/blog/entry/689774

英国BBC、韓国軍10万人虐殺事件を報道 2008/08/23 18:27

英国BBCが今月18日、韓国軍が1950年に行った自国市民10万人虐殺事件について報じた。

カンボジアのポルポト派を彷彿とさせる!

これって保導連盟事件のことだろう。チャン・ドンゴンとウォンビンが共演した韓国映画「ブラザーフッド(2004年)」が取り上げていた事件だ。

BBCは犠牲者を10万人と伝えている。しかしウィキペディアは保導連盟事件で虐殺された市民の数を少なくとも20万人以上と伝え、韓国のハンギョレ新聞系の雑誌「ハンギョレ21」2001年6月20日号は、韓国軍警(憲兵)による民間人虐殺を最小60万人最大120万人と報道している。

BBCが映像つき、写真つきで報道したのは功績だ。しかし10万人という犠牲者の数が、定説とはあまりにかけ離れすぎている!あまりに少なすぎる!

韓国はいまだに元売春婦を世界各地に派遣し、でっち上げ情報で日本の名誉を汚している

しかし日本統治時代を語る上で最重要の事実は、韓国併合が行われた1910年、朝鮮人の人口は1313万人だったが日本統治によって1942年には2553万人にまで爆増したことだ。実質倍増である

ところが日本から独立したとたん、同朋(しかも市民)を10万人以上虐殺し、朝鮮戦争で同じ民族同士が殺し合いである。この戦争で亡くなった朝鮮人の数は350万人とも400万人以上ともいわれている。

1兆歩ゆずり、従軍慰安婦問題は韓国が主張しているとおりの事実があったとしよう。しかし慰安婦は命をとられたわけではない。(もちろん韓国の主張はデタラメだが)

ところが韓国政府は自国民を虐殺しまくっている。しかも自分たちの所業をまったく反省せず、事実を今も隠蔽している。そして自分たちのことは棚に上げて、でっち上げ(従軍慰安婦問題)で日本を世界中で貶めている

韓国人は卑劣だ。韓国人はどこまでも卑劣だ。

  



<追記> 2010/7/24 何故か?コメント欄へ書き込めないので、こちらでお返事します。

おうぼんさん、こんにちは。

私も個人と民族は別のものだと認識していますよ。
ただそれだけでは解決しない問題であるということも認識しています。

全員が悪人ではなく、中には良い人もいるということは事実でしょう。
中国人にしろ、朝鮮人にしろ、在日にしろ、同和にしろ、彼らの中にも立派な人はいると思います。

でも本来なら、彼らから同胞を諌めるメッセージが発せられるべきですね。
あなたのような主張が、性善説の国の日本人ではごく普通に発せられるのです。

ところが、性悪説の国、集団ではそれが通用しない。
彼らから同胞を諌める発言を、今までにただの一回も聞いたことがありません。


別のたとえとすると、肉食動物と草食動物の違いのようなもの。
ライオンとヒツジは、同じおりの中では飼えないものなのです。

中には温厚なライオンもいるでしょう。
だが、それがライオンの種としての本性ではない。

草食動物が、「自分は他人を襲わないから相手も襲ってこないだろう」と考えていると、いつかは自分が食べられてしまうでしょう。
弱肉強食なのです。

民族問題とはこういうものなのです。
何も問題がなければ普通に過ごせていたのに、いざ問題が発生すると、日本人には全く信じられない対応がなされるのです。
それくらいは知っておいたほうが身のためです。

日本人の寛容さは、逆に付け込まれる原因になりうるのです。
決して感謝されない。


例えばこんなことが実際に起こっています。

●日本の若い女性が中韓を旅行していて、レイプされる。
結構な頻度でレイプされているんです。
しかし、犯人は捕まって刑務所に入れられるどころか、無実で放免のうえ、逆に英雄扱いされる。

●旅行中、不慮の事故に巻き込まれて亡くなった。
すると、明らかに虚偽な、法外な治療費を請求され、支払わないと遺体を引き渡さないと言われる。

●たまたま事故に遭った人を見つけて、善意で病院に連れて行く。
すると、善意のこの人にやられたと被害者が言う。
そして、善意の通行人が治療費を請求されたり投獄されたりする。

日本人の感覚からするといずれもぶっ飛びです。
少なくとも、こういう事が実際に起こっている国であることは知っておくべきでしょうね。


過去の戦争で加害・被害の関係はあっても、現在の加害・被害はまったく別のもの。
それが法治国家というもの。
現在の被害者(日本)は、加害者(中韓)に譲ってはいけないのです。


左に傾きすぎている舟は、やはり右に大きく舵を取らないと前を向かないのです。

 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters